ベトナム料理店は、やっぱりホーチミンが最先端‼

JUGEMテーマ:ベトナム

 

 

今回の現地レストラン視察テーマは、「かっこいいベトナム料理店」

 

東京にはお洒落で洗練されたかっこいい飲食店がたくさんあります。

 

そんなかっこいい店たちに、我々も負けるわけにはいきません。

 

少しでも参考になるものがあればということで、

たった2日間しかないホーチミンで、

社員の勉強になるお店ということで、伊藤忍さんにも相談し、

お勧めのお店へ数店行ってきました。

 

シークレットガーデン

Top Floor, 158 Pasteur, Bến Nghé, Quận 1, Hồ Chí Minh

 

町の中心にある、古い公団のようなアパートの最上階。

フルオープンで開放的です。

日本では沖縄くらいでしか、これはできませんね。

 

緑も多く、風が気持ちいい、都会の喧騒がほどよく聞こえる感じです。

 

もはやベトナムなのか、パリなのかわからない。そんな内装です。

 

しかし、ポイントでベトナムのモチーフを活用。西洋とアジアが混在しています。

まあ、それがベトナムなんですが、その表現がとてもセンス良くお上手。

 

料理は定番料理から創作料理まで、どれも美味しいです。

ワインの品ぞろえが多いので、(ベトナムのものはない)西洋人にはうれしいですね。

 

厨房はこんな感じ。右の人は料理長。

左の人は、FBで友達になってしまいました。

 

この厨房、よく見ると、電子レンジがたくさんあります。

見えない反対側に、厨房機器はあるのですが、

電子レンジを多用し、たくさんのオーダーに対応しているのがわかります。

 

 

続いて、同じオーナーが経営する店ですが、

マウンテンリトリート

Ward D.1, 36 Lê Lợi, Bến Nghé

 

やはり、古いアパートの最上階にあります。

昼間なので、夜とはまた違うのでしょうが、素朴で開放的な雰囲気。

 

贅沢にスペースを使用しています。

 

ソンベ焼きを活用するのが、この店のオーナーのこだわりでしょうね。

私達もたくさん買いましたが、けっこう割れちゃいました。

 

壁の素材もいいですし、ベトナムらしさを面白く表現しています。

 

仏教のモチーフもこう使うとお洒落ですね。

ベトナム人の店には、本気の仏壇はよくありますが。

 

野菜をディップするタレが美味しかった。

干しエビとヌクマムと砂糖と唐辛子の甘じょっぱからくて、旨味も濃い。

 

バルコニー席からは、ホーチミンの中心が見渡せて、気持ちよいです。

もうこれらの店のせいで、我々の中ではバルコニーが流行ってしまいましたときめき

 

 

その他は軽く紹介していきます。

 

CHI HOA

http://www.chihoacuisine.com/#

 

レタントン通りにあるので、日本人には行きやすい場所ですね。

料理も美味しくて、センスのいい店です。

 

 

バインセオ46A

 

今さらですが、昔からの有名店です。

初心に帰るつもりで、今回行ってきました。

初めてベトナムに来た時、この店で食べたバインセオに感動しました。

 

 

ビアホイサイゴン

 

サイゴンビアの本社近く、

サイゴン社経営のビアホイだそうです。

 

午後1時くらいなのに、もう飲んでるの?ってくらいに客がいる。

ここのビアホイはとっても美味しい。

ビアホイにしては、濃い。

「これ、ビアホイではなく、ビアトゥオイでしょ?」

「いえ、ビアホイです」

と、ガイドのブゥさんは言ってましたが、どうなんだろ・・・

 

まあ、氷入れてビアダーにしてしまえば、どっちみち薄いビールですね。

5Lくらい飲みました。仕入れ途中なのに、気持ちよくなっちゃったな。

 

 

 

<過去に紹介した店>

 

Propaganda

21 Han Thuyen, District 1, Ho Chi Minh City

 

中野のビアホイチョップの内装で、参考にさせてもらった店です。

プロパガンダポスターをモチーフとした、壁絵が圧倒的なスケールです。

 

料理はオーセンティックなベトナムの味。

客は欧米人が多く、ベトナム人でも富裕層が利用しています。

 

 

 

ベトナム料理店は、世界中にあり、

その国ごとに、流行る料理や、店の雰囲気なども違うと思いますが、

やはりベトナムの中の大都会、ホーチミンのベトナム料理店は

様々な意味でレベルが高い。

そう感じさせてくれ、私も社員も大きな刺激を受けました。

東京で私達ならではのベトナム料理を表現していきたいです楽しい

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック