フーコック島のおススメ!

JUGEMテーマ:ベトナム

 

フーコック島と言えば・・・

 

何をするべきか?

 

 

〔觧

 

すごいにぎわい。毎日がお祭り騒ぎです。

 

なかなか雰囲気もあるし、にぎわってます。

 

日本の漁港にある海鮮料理屋と似てますね。

 

水槽を並べてる店が多いです。シャコとか伊勢海老とか、貝類もいろいろあります。

 

このお姉さんのnem nuong 美味しかった。

他にもストリートフードもあります。

 

あちこちの店の前で海鮮を焼いていて、いい香りが漂います〜

 

Tシャツなんかも路上で売ってるし、けっこう楽しめます。

 

海鮮食べまくって大満足!

これが一番王道的な楽しみ方でしょうね。

 

 

▲魅マム工場

 

樽にいっぱい入ってます。

敷地内は、ヌクマムの香りがすごいです。

 

ボトルいっぱい並んでます。

 

船でイワシをそのまま運び込めるようになっているのか、

船で出荷できるようになっているのか、

船着き場があります。

 

・・・でも、これしか見れなくて、誰も説明もしてくれないし、

不完全燃焼な感じでした。

 


8學ト

 

胡椒の木がたくさんあります。

 

 

 

なんか気持ちのいい場所でした。

このままかじると、辛いです。(当たり前)

 

胡椒畑では、おみやげや、新鮮なコーヒー豆も売ってました。

飲むこともできます。

タクシーの運ちゃんや畑の主人とのんびりできました。

 

 

つの食堂

 

ホテルの近くにあった、ニャチャンって名前の店。どれも美味しかった。

 

白飯にあうおかずがたくさん!

(食べかけ写真ですみませぬ)

 

このカーコートー、今まで食べた中で一番美味しかった。

魚も美味しいし、けっこう油多めでした。

素材がいいね。

 

ゥ侫ー屋

 

夜市の入口近くにあるフォー屋さん。

とても美味しかったです。

 

フォーボータップカム

(全部のせ)

スープが最高に美味しい。

今回、ホーチミンも含めてたくさんフォー食べましたが、今回の旅ではここが一番美味しかった。

 

フォーサオ

フォーを揚げ焼きにして、その上に具材のせてましたね。

 

 

Ε轡絅痢璽吋螢鵐

 

15時の便にしたら、客は我々と、西洋人のカップル1組のみ

 

船に乗って、沖に出るのは、テンション上がります。

ほぼ貸切なので、気持ちがいい〜

 

どこまで行くんだ・・・

もう1時間くらい船のってる。ショック

 

ここがポイントらしい。

島の最北端。ここだけ見たら、無人島みたいです。

 

シュノーケル道具を渡され、ライフジャケットはいるかどうか聞かれたので、

ウェットも着てないし、念のため、全員借りました。

 

あの陸の手前まであたりでシュノーケルやってくれと言われましたが、

けっこうハードなコンディション。

深いのはもちろんですが、流れもある。

 

これ、ライフジャケット来てなかったら、死人が出てたかも・・・冷や汗

船のスタッフは、海に送り出してからは、放置状態。

船からかなり離れた場所で、おぼれる人がいても、まったくおかしくない状況。

しかも船員、まったく気にしてなさそうだし。

 

ニャチャンと同じで、サンゴは少なく、魚もそれほどはいない。

ボートに戻るまでは流れに逆行するので、なかなかたどり着けない。

私はまだよかったですが、泳ぎが苦手な人は、船になんとか戻れたけど、

気分悪くなってしまう人もいました。

正直言って、あまりお勧めできません。

 

帰りは船上でビールを飲んでウトウトと寝てしまい、

目が覚めるときれいな夕陽が。

 

 

 

Ε好肇蝓璽肇奸璽

 

バインゴイと揚げパンの店

 

ここのバインゴイ、美味しかった。

生地がパイ生地で、サクサクしていて、具材もおいしい楽しい

 

 

バインミーサンドイッチ

ホテルへの持って帰って、夜食に食べよう楽しい

いろんなところで売ってるので、みんなちょこちょこ買ってましたね。

 

ローカル屋台食堂

観光地のフーコック島の中心にありながら、観光客はいません。

タクシーの運ちゃんなんかが食べに来てます。

道路はさんで反対側はこれ。

 

ド派手なパチンコ屋みたいです・・・びっくり

 

海の船からもこの建物はよく見えて、

KARAOKE・・・MASSAGE・・・RESTAURANT・・・と、

建物全体を使って、ネオンサインが出ています。

 

中に入って聞いてみると、真珠のブティックみたいな感じ。

カラオケ・レストラン・マッサージなどは、今はやってないみたい。

 

そういえば、フーコックは真珠の産地でもあるみたいですね。

真珠ビルですな。

 

そしてこれが目の前にあるお店。

資本主義の表裏を見るような気分です。

言葉は英語も数字レベルでも通じません。

料理名と個数をカタコトのベトナム語で伝えてオーダー。

 

屋台の中にコンロがある。このスタイル、よく見かけます。

 

6人分のオーダーをテキパキとこなします。

 

コムティットヌン

 

 

ブンティットヌン

 

ブンリュウクア

 

とにかく豪快で、具沢山!

料金も安いし、ローカル屋台ならでは。

とっても美味しくて、大満足でした楽しい

 

フーコックの楽しみ方・・・私達はこんな感じでした。

 

あとはホテルへ戻って

プライベートビーチでのんびりするのがやっぱり最高です!

星もきれいだし、この環境で酒が飲めるのは、贅沢ですね。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:71
最後に更新した日:2017/02/23

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM