ベトナム料理店の社員旅行

JUGEMテーマ:ベトナム

 

ベトナム料理に携わる者として、最低でも1年に1回はベトナムへ来ようと、

この15年間、通い続けました。

しかし最近は経営する店舗数も増え、店長や社員に店を任せるようになってきたので、

私だけではなく、社員達も同じように、年に1回はベトナムへ来るべきだと考えていました。

 

しかしながら、そうなると店を休まざるを得ません。

「店を休む=売上が減る=利益が減る」

なので、なかなか実現には至りませんでした。

 

しかし、なんとか折り合いをつけ、やっとのこと実現することができました。

長い目で見たら「いい結果」になってくれることを、期待してます・・・楽しい

 

食器や備品、店の装飾品、食材などを仕入れ、

現地のレストランの視察をします。

 

とは言え、仕事ばかりではつまらないので、

4日間しかないベトナムでの日程を

半分はホーチミンで研究と仕入れ、

半分はフーコック島で癒しと遊びをということで、計画しました。

 

フーコック島は私も初めてなので、楽しみです。

 

ホテルはhotels.comで事前に予約。

このサイトは使いやすいです。

 

とっても安くて、雰囲気のあるホテルでしたが・・・

(アルカディア フーコックリゾート)

http://phuquocarcadiaresort.com/index.htm

 

6人、3部屋で、まさかのWベッド。びっくり

旅行前に「まさか茂木さん、Wベッド予約してませんよね?」

なんて冗談で言われていたのに、まじで⁇

 

「ツインベッドをオーダーしたはずだ」

「いえ、Wベッドor ツインベッドルーム というオーダーです」

「予約サイトで、ツインベッドのリクエストを選択できたよ」

「いえ、当ホテルは、ツインの部屋は1個しかありません。あとはすべてWベッドです」

「だったらツインの部屋のリクエストを選択できるのおかしいよ・・」

「お客様の予約の部屋は、この部屋ですが、こっちのバンガロータイプも空いてます。こちらはどうですか?」

「お、いいね。じゃあそっちにして」

「こちらはお1人様あたり、20ドル追加です」

「はあ?Wベッドで我慢するんだから、それくらいおまけしろよ・・・」

 

すったもんだを繰り返してしまいました。

社員旅行で男同士でWベッドで寝るって・・・

どんな思い出作りだ。冷や汗

 

まあ、1部屋2泊で7千円、つまり1泊1人あたり1700円くらいなので、仕方ないですかね。

シャワーの出とか、微妙でしたが、ロケーションは最高でした。

 

バンガロータイプの部屋のすぐ前はプライベートビーチ。

朝食を食べるレストランもビーチ沿いにあるし、

夜はビーチにあるバーで食事もお酒もオーダーできます。

 

部屋は3つに分かれてますが、ビーチで集まれるので、

待ち合わせも打ち合わせもビーチです。

 

 

夜もビーチでのんびりと。幸太郎は泳いでます。

寝るのがもったいない、気持ちのいい夜でした。

 

 

コメント
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2018/05/25 3:37 AM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:71
最後に更新した日:2017/02/23

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM